ホーム   »  stage  »  めいどクリエ2017の覚え書き、2017年5月18日~20日。

めいどクリエ2017の覚え書き、2017年5月18日~20日。

バックJr.4名:野澤、影山、渡辺、新藤 (NEWSツアーについている無所12名から4名だけ選抜)

セットリスト。
◯印…バックあり
●印…バックなし

※曲の長さは基本「1番+(Cメロ)+サビ」
※一部、1番だけとかフルコーラスというのも有り 。 メドレーはない
※エントリーの末尾に注釈入りのセットリストを追記しました

 ・OP (数十秒、白幕に青系の光の演出)
●01. EMMA
◯02. FIRE BEAT
◯03. CARNIVAL NIGHT part2
◯04. 愛のメロディ
 ・ バックJr.個人名紹介
 ・ バックJr.によるイントロデュース(本日のメニューの紹介)
●05. Hey!和
 ・じゃんけんコーナー(影山が進行役)
◯06. 台風ジェネレーション (バック2人:新藤と渡辺)
●07. Butterfly
◯08. 愛してるぜT&T
◯09. LIS'N
◯10. Don't You Get It
◯11. 前向きスクリーム

<MC>
 ・MC後半にバックJr.もトークに参加

●12. smile
 ・MADE事件簿(バック4名は進行役、BGM:Dear woman)
  - コントで歌う曲(shock me /Real Face /ロメオ)
  - 5・04事件でバック4人がソロダンスを披露
●13. スギルセツナ
<バックJr.がメインで歌うコーナー>
 ◯14. supersonic (Jr.4人だけ)
  ・「いいとも!」に出てた野澤さんですか?小芝居
 ◯15. 限界メーター (野澤メイン、めいどがバックで参加)
 ◯16. やっちゃった (めいどがバックで参加、めいどは途中ではけ)

 ・野澤によるイントロデュース(次のメニューの紹介)
◯17. BYAKUYA
◯18. Wonder
◯19. Crazy Rainbow
 ・Magic Power振り付け講座
◯20. Magic Power
 ・バックJr.個人名紹介
●21. エナジーソング

<アンコール>
●22. 世界 に一つだけの花
◯23. NYARO
 ・最後にジャニーズJr.と紹介(ここでは個人名紹介なし)

<ダブルアンコール(5/20夜のみ)>
◯24. 恋祭り

※同名のジャニーズソングがあるので補足。
 ・smileはキスマイ曲 (Jr.時代に発表した曲)
 ・supersonicは嵐の曲(「I seek」のカップリング)



(総合的な感想みたいな文章と、めいどクリエ2017の不満点)

バックJr.の個人名の紹介が4回もある!(MCと5.04事件を含めた数字)
めいどの自己紹介はないのに。メイン出演者はポスターに名前のってるから自己紹介の必要ないのか。

去年もバックJrの出番は多かったけど、今年はさらに多くなった。
バックJr.の美味しい度はジャニーズ銀座歴代の中でもトップクラスだと思います。

序盤の愛メロの後に挨拶とメニュー紹介をするんですが、メニュー紹介をバックにまかせてめいどがセットの準備をし始めたとき、バックの使い方間違えてる!ってツッコミたくなりました。バックというより共演者に近いのかな?
無所Jr.ファン視点ではめいどクリエ最高!バックJr.があんなに活躍できるクリエ作れるのめいどしかいない!って文句の言うところはないのですが。

めいどファン視点だと不満を言いたいところがあります。
いや、そもそも自分、めいどファンなのか? 6人のめいどのファンだけど、4人のめいどは観察してるだけなので現行的にはめいどウォッチャーですね。ファンの贔屓目なしにズケズケと感じた事言います。

まず、めいどはユニゾンが汚いなぁと思いました。
ユニゾンとは同じメロディを複数人で歌うことです。
聞いてるうちに多少慣れるけど、1年の期間をあけて久しぶりに聞いたら、やっぱり汚ないなぁ、と。ひどい音痴や声質が悪いメンバーはいないとは思います、逆に歌が得意なメンバーもいないんだけど。それが合わさると汚いのはなんでだろう?声質の相性やバランスが悪いのかしら。

それと、ハモリがないのが寂しいです。(訂正というか宛のない質問。バタフライでハモってたかな?)
NEWSみたいにユニゾンが不揃いでもハモるグループが身近にいるからそれをお手本に。テゴマスのハモりテクニックを盗んでこれないかなぁ。歌を引っ張れるひとは2人いればサマになるから。

今回のクリエは昨年末には決まってたそうで。
単純に思うのですが、5ヶ月間ボイストレーニングに励めば土台的な質の底上げができたんじゃ? すでにボイトレしててアレだったら申し訳ないけど、雑誌で歌をがんばってる話がないので、歌への意識が低いのかな、と判断しております。
演出や衣装やダンスや振付と同じくらいの情熱を、歌にも向けてみてほしいです。とりあえずハモリやコーラスに興味を持ってほしいなぁ。現状ハモるという意識がない気がします。

(補足:E公演でバタフライ見てハモってるかな?って一瞬思ったけど、カラオケのハモリ音声な気がした。あと、E公演でスーパーソニックを聞いたら、歌い出しの「スパーソニックソニック・・・」ってところハモってるのかな? さらにちょっと補足すると去年は「ありがとう」はコーラスっぽいのあった。サビで2つに別れるからテクニックいらずのお手軽コーラス)


振り付け講座が最後から2番目にある変な構成でした。
その手の余興って流れをぶった切るから、ラストスパートのたたみかけに失敗してたと思います。
勢いがいったん切れたせいで、あっけなく本編が終わっちゃった感。
初見のとき戸惑いました。2回目以降はそんなもんかなーって感じになったけど(そりゃあ段取り把握済みならね)。
 201706031954.png
 (なお、初見のときエナジーソングというタイトルはすぐに頭に思い浮かばなくて、なんか聴き覚えのある曲だなー、アンコールに歌うイメージのやつって思いました。)
鏡を使った演出の流れで振り付けレッスンが最後から2番目の位置になった、因果関係は理解はしてます。ラストスパートの勢いを重視するならレッスンをカットする手もあったんじゃないかなー、と。

比較用に前年のクリエ、スタンダードな終盤の流れ。
  201705311036.png


ワンダーで、背後の鏡が邪魔だなと思いました。
演出で置いてるのは分かるけど、奥行きが狭いステージに物を置くことが単純に邪魔。中央の階段がある辺りは特にスペースが狭くなってるから。
窮屈そうだし、視覚的に圧迫感がある。
鏡の演出って、ミュージックステーションの嵐の真似ですよね?
4月28日Mステの嵐の映像を見ると、鏡の迷宮みたいな、鏡に閉じ込められる感じがするので、
めいどクリエのワンダーを見て、圧迫感を覚えたわたしの感覚はあながち間違いではないのかもしれません。
(↓)嵐さんの背後に鏡が並んだ絵ヅラ、めいどクリエのワンダーにどことなく似てる。鏡の数は違うけど。
2017052203000.jpg
嵐のMステの後半と同じように、ワンダー後半も鏡を撤収してすっきりしたスペースで群舞を見せてくれたらよかったのに。
「圧迫感」と「開放感」は一組で与えてほしいです。

あ、でもビャクヤからワンダーに切り替わったとき、布がバッと取れて鏡が出てきた視覚効果はすごく良かったです。
3日目昼の公演でビャクヤで衝立を動かすたびに布の下のほうがヒラヒラしてめくれて鏡がチラチラ見えちゃってたのがうざかったです。布の固定が甘かったのかな?


スギルセツナは2014年JUMPドームで観たときステップが魅力的な曲でした。
めいどクリエは手振り中心のダンスで「イメージと違う!」って思いました。しっとりとしたダンスで切なさが巧く表現されてたと思うけど。でももうちょっとリズムに乗った動きがほしかった。切ない歌のくせに、わりとリズミカルなナンバーなんだよね。

2014年のスギルセツナでめいどと新藤くん、一緒に踊ったんだよ。本人たち覚えてるかなぁ?
そのときの立ち位置メモ
そういえば、2014年のスギルセツナは、せり上がったセンステでHey!Say!BEST(JUMP兄組)が椅子を使ってどんなダンスしてたか、一切視界に入りませんでしたね。根本的な問題に今、気付きました。メインとバックのダンスって違った感じだったのかな?今回めいどがやった椅子を使ったダンスはBESTがやったダンスと似てるの?(→補足:コンサート映像を探して見たら全然違う振り付けでした。)

冨岡のズボンが破けた事件はKAT-TUNカウコン2013年12月31日での出来事なので、ショック・ミー(NEWS曲)じゃなくて、KAT-TUNの曲にしてほしかったです。
 (→補足: E公演5月23日夜のMCで、合同の方でショック・ミーを歌うからD公演の方でもちょこっと使った、と言ってました。E公演のそれがなきゃKAT-TUN曲を選んでたのかなぁ)


以上、不満はここに挙げた5個くらいだけなので、逆に言うとおおむね楽しかったなあ!
特に、限界メーターで後ろの方で踊るめいどを見るのが一番楽しかったです。曲前の小芝居からして楽しかったー、街で芸能人(いいとも!に出てた野澤さん)に声をかける一般市民の役wwwモブキャラを演じるめいどはわたしの大好物です。


以下に、気力が続く限り、細かいメモを追記していきます。
***

お立ち台の立ち位置。
♪カーニバルナイトpart2
福士(8番)、秋山(13番)、冨岡(17番)、稲葉(22番)

♪T&T
冨岡(8番)、秋山(22番)

♪前向きスクリーム
横長のお立ち台に出演者全員
新藤(10番)、野澤、稲葉、冨岡、福士、秋山、渡辺(18番)、影山

♪やっちゃった(Jrコーナー)
影山(8番)、渡辺(13番)、野澤(17番)、新藤(22番)

♪マジックパワー
野澤(7番)、福士(13番)、稲葉(17番)、渡辺(23番)
(この曲は4人がお立ち台、4人がメインステで分かれた)
(このときだけ両サイドのお立ち台がちょこっとサイドブロック寄りだった)


***【↓初日(5/18)の覚え書き】***

初日を見て、全体的な要点をざっくり箇条書き。

・1曲目は♪エマ (NEWS曲、2017年)
・いちばんカッコつけるキメ曲は、♪ビャクヤ(NEWS曲、2015年)と♪ワンダー(NEWS曲、2016年)

・本編最後の曲は♪エナジーソング (嵐曲、2011年)で盛り上がる系
・そのかわりかアンコール1曲目にしっとり系の♪世界にひとつの花(SMAP曲、2003年)
・(この間のJr.祭りの本編の最後の曲が「世界にひとつだけの花」だった。最後の曲によく使われそうな曲をめいどクリエはアンコール1曲目にもってきた構成)

・ソロ曲はなし
・そのかわりかコンビ曲みたいなもの。T&T前半を福士&稲葉、T&T後半を冨岡&秋山で、歌ったとういかお互いへの愛のメッセージを贈り合った
・ LIS'N もコンビで歌ってたね。1番を冨岡&秋山、2番を福士&稲葉

・稲葉の新作衣装はなかった
・NEWSのお下がり衣装をもらった
・↑増田が作った白黒チェックのスーツ、金色の星マークがたくさんついてるやつ
・(中の黒ベストもお下がりかな?、ベストの胸にメンバーそれぞれ形が違う赤いワンポイント)

・福士がボイスパーカッション披露 (♪バタフライ赤西&上田曲)
・冨岡がキーボード演奏 (♪世界で一つだけの花)

・12列前の通路より上の通路に行かなかった
・通路を通るのはお立ち台への往復のみ
・通路を自由に動くお手振りタイムなし

・バックJr.がメインで歌うコーナーは3曲。そのうち2曲にめいどがバックについた
・Jr.コーナー以外でもバックはヘッドマイクしててめいどと一緒にけっこうな曲数を歌う(これは去年のクリエと同じ)

初日のタイムテーブル。
・18時00分定刻開演、19時28分終演
・(↑これでも去年の初日より1分長い。ただ他のクリエはこれより10分以上長くやってる)
・MCタイム18時36分~18時47分
・バックJr.がMCに参加した時間18時40分~46分

・MCで見学紹介がなかった
・そのあとマジックパワーで下手BOX3の寺西紹介(「寺西も振りやれよ」と)
・アンコールラストで上手BOX3の小山紹介(「けいちゃんありがとーっ」てだけ)
・(MCで紹介しないように小山に言われたのだろうか?)
・下手BOX1-2は一般客が座ってた

・今回のテーマは「みんなでひとつ。会場がひとつになれたらいいな」
・去年末くらいから準備を始めたと言ってた (ずいぶん早くから決まってたんだね)
・次のE公演は絶賛リハーサル中とのこと

・些細なことだけど。12列20~22番が3連空席だった


初日を見たときのちょっとした雑感。
次の曲の出だしの台詞を言う人を決めるジャンケンする余興があった。
ううーむ。ついこのあいだのセクシーゾーンのコンサートで似たような演出を見たなぁ。次の曲の出だしソロを歌う人を決めるセクシージャンケン。めいどはセクゾンコンの見学に行ってないから、パクリじゃないよね?

めいどの結成日は5月4日で了解しました。
でもなんでコントの中でめいどの前のユニット名が「Jr.ボーイズ」なんでしょう?
2008年5月3日の公演の序盤のJr.ダンスコーナーでは、M.A.D.ともJr.ボーイズとも紹介はなかったと思うし(なんの印象もなくその日のコーナーは過ぎたはず)。小窓が2008年ごろにJr.ボーイズって紹介されたことあったかな?と記憶を掘り起こそうと「うむむ・・・」と頭をひねってます。
でも、やっぱアレかな?ステージで「M.A.D」の名前を出してはいけない大人の事情があるのでしょうか?



***【↓2日目昼の覚え書き】***

・14時00分開演、15時34分終演
・MCは14時35分~14時54分
・MCでバックJr.がステージにいた時間は14時42分~14時48分(前日と同じ約6分)

・公演時間は初日より6分長かった
・長かった要因はMCが8分長かったから。あれ計算が合わない、じゃあ2分、MC以外のどこかが短くなったのか?


細かい変化の覚え書き。
・.クレイジーレインボーの前の福士の煽り「みなさん、ラストスパートまだまだ盛り上がっていきましょう」に変わった。これ初日は「後半戦、盛り上がっていきましょう」って言ったよね。もう終盤なのにここから後半戦ってなかなかの謎発言だった
・カーニバルナイトのお立ち台。初日は稲葉1人がやけに早くメインステージに戻って行ったのが気になった。2日目は気にならなかったから、みんなと同じタイミングでメインステに戻ったのかな?注視するのを忘れた
(・↑ちなみに初日、稲葉が早くメインステに戻ったあとは、17番のお立ち台にいた冨岡が22番お立ち台に移動してバランス的なフォローしてた)


***【↓3日目昼の覚え書き】***

・13時00分開演、14時35分終演
・MCは13時34分~13時53分
・MCでバックJr.がステージにいた時間は13時47分~13時53分(前日と同じ約6分)

・MCの尺は2日目と同じ19分
・MC前半めいど4人だけで話すくだりが長かった

・MCで話すお決まりの項目(グッズ、衣装、コンセプト)も、MCの流れによって話したり話さなかったりする
・3日目昼はグッズのタオルの現物を稲葉が持ってきて宣伝
・フォトセットの宣伝はこの回ではなし。2日目昼はフォトセットの宣伝をした
・公演のコンセプトついて初日より詳しく喋った(「ひとつになれ」って歌詞があるからHey!和を選んだ)
・マッスーからもらった衣装のことを喋らなかった(初日と2日目昼は喋った)

・E公演についてMCで触れたのは初日だけ(わたしが見た3公演の中ではね)
・3日昼のMCで稲葉くんが異様なハイテンションで、疲れてるの?って話があった。(D公演やりながらE公演の準備やってるから十分に休めてないのかな?って心配になるよね。だからE公演は絶賛リハ中って言うのやめたのかなー? 単独とは違ったステージをお見せしますので楽しみにしてください、って堂々と言えばいいだけなのに、「リハ中」って言っちゃうところが素直だな)


***【↓その他、補足情報】***

ナマ歌?、被せ?
・バックJr.のsupersonicの歌声がやけにすっきり整ってた(踊る曲だから口パクか被せかなとは思う)
・やっちゃったのお立ち台で影山くんの音程を外した地声が聴こえてきた
・事前に収録した音をそれなりに使ってるのかなー?って疑惑


時系列覚え書き。
・昨年末(2016年12月)から単独クリエの準備
・3月からバックも含めて打ち合わせ (単独ラストのMCで喋ったらしい)
・3月から合同クリエの準備 (合同のMCで喋った)

雑誌で分かったこと。
・福士がマジックパワーのレクチャーダンス振り付け
・冨岡が曲に入れる説明台詞 を考えた
  -どこが該当するか分からないが、説明台詞があったところを列挙
  - 愛メロの後のメニュー紹介
  - 台風の前の小芝居
  - smileの曲振り
  - めいど事件簿の台本
  - 限界メーターの前の小芝居
  - 締めの挨拶の文言も固定だったような


***【↓後日談、覚え書き】***

・マッスーのWeb日記(5/21日更新)にめいどへのメッセージ
・NEWS和歌山(5/27)のMCでめいどクリエのことをに少し触れてくれたらしい。マッスーデザインNEWS衣装をお下がりであげた話。袖が短いジャケットだからエマの振り付けが大変そうだった話
・NEWS和歌山(5/28夜)、バックJr.16名MCで自己紹介させてもらったそうだ。クリエとは無関係かな?(ツアー終盤だからMCで紹介するって流れだったらしい) クリエの話題もちょこっとしてもらったようなので覚え書き

・ジャニーズweb、ジャニーズ銀座レポート(6/10、6月下旬にリンクが消えた)
 D公演:7607文字
 E公演:8679文字
 いずれも初日のレポ。
 今までジャニーズwebをスルーして読んでなかったけど、レポってこんな長いんだ!(びっくり)
 資料映像を見ながら文章作成してるんだと思われる。 コンサートの流れをそのまま全曲分。MCや煽りなど喋った文言を要所要所書き下し。プラス余計な情景描写付き。(例えば「笑顔たっぷりに盛り上がった」とか「最後までハッピーモード全開」とか。)


・情報局にD公演~G公演のダイジェスト動画アップ (8/4~、これは引っ込めずにずっと見られるのかな?)

「ジュニア情報局動画#9」のおおまかな流れ。
※曲はサビだけ
※カウンターは数字が下がっていく方式
-19:28(=開始00分00秒)
 ナビゲーター安井挨拶
 (挨拶の際に、ジャニーズJr.でーすと3秒間、画面6分割で全ユニットが映る)
-18:55
 ・MADE4人のトーク(見どころについて約45秒間)
-18:10、D公演スタート
 ・OPの幕があく所(エマ前奏が始まる前)
 ・エマ
 ・ファイヤビート(バック映り込み)
 ・スマイル
 ・ビャクヤ(バック映り込み)
 ・ワンダー(バック映り込み)
 ・エナジーソング(最後のサビ前~)
 ・世界に一つだけの花
-15:08、D公演終わり(コン映像約3分間)
 ・宇宙6とめいどのトーク(見どころについて約45秒間)
-14:23、E公演スタート
 ・クレイジームーン
 ・デビエン
 ・ナウアンドフォエバー
 ・時代
 ・take a 5 train
 ・パワパラ
-11:38、E公演終わり (コン映像約3分15秒間)
 宇宙のトーク&F公演映像
-07:10
 スノウマンのトーク&G公演映像
-00:31
 安井の締めのトーク
-00:08
 クリエ出演Jr.全員、グループごと画面6分割で「ジャニーズJr.でしたー。ばいばーい」
-00:02、画面暗転で動画終わり

(情報局動画#8ジャニーズ銀座ダイジェスト前編の冒頭と締めにも画面6分割で声揃えて「ジャニーズJr.です」でめいどが映っている。)

 

<関連エントリー>
ジャニーズ銀座2017覚え書き。(日程や当日券数や見学一覧など総合的な情報はこちらに)
めいどクリエ2017、MCの覚え書き。

***

(↓)おおまかな流れ。ごちゃごちゃ書き込みver.
曲の長さは基本「1番(+Cメロ)+サビ」。
曲の長さがワンハーフ以外の場合、注釈を括弧で付ける。

  - 円陣の声、それから1分弱で開演
 ・OP (数十秒、白幕に青系の光の演出)
  -幕が開くと静止してる4人、スモーク多めで見えづらい
  -並びは福・秋・冨・稲。曲が始まるとすぐに立ち位置チェンジ
●01. EMMA
  -↑衣装は白黒チェックに金色の星がいっぱいくっついてるスーツ、黒ベスト、ベストの胸に赤いワンポイント
  -↑ジャケットを振り回したり肩にかける振り付け
  -↑間奏は闘牛士みたいな振り、ラスサビあたりはジャケットを女性にみたて抱きしめた。本家の振りと同じらしい
  -↑Aメロ歌い出しは稲葉ソロ、2番目は福士ソロ?いや、福士・稲葉デュオかな。本家で手越がやるハモリはしなかった
  (-↑この曲のハモリってAメロの一部だけなんだからそれくらい真似すればいいのに)
  - ジャケットを着て次の曲へ
  - 秋山「盛り上がっていこうぜー!」
  - 黒いスーツのJr.4人が出てくる
◯02. FIRE BEAT
  -↑間奏で冨岡がアクロバット披露、宙返りする冨岡を秋山が横から押すやつ。初日は着地に失敗
  -↑最後のサビはバックも歌に参加してたと思う
  -↑アウトロでヘッドバンギング有り
◯03. CARNIVAL NIGHT part2
  -↑1番はライン状になるフォーメーション
  -↑Aメロのソロパートで福士の歌がヘタクソ、音をはずしてた(3日目昼)
  -↑Aメロは低音だから声のコントロールが難しい部分
  -↑1番が終わるとMADEはお立ち台へ、バックはメインステに残留
  -↑MADEがお立ち台へ移動してしばらくしてバックがはけた
  -↑間奏が繰り返しで鳴る中、MADEはお立ち台で一人ずつ煽りの言葉
  -↑煽りが終わるとメインステに戻る。バックも再登場、最後のサビを歌う
  -↑再登場したバックは、ジャケットを脱いでハット着用
◯04. 愛のメロディ
  -↑MADEとバックがペアになって歌う
  -↑冨岡新藤→秋山渡辺→福士影山→稲葉野澤

 ・最初の挨拶
  - 愛メロのアウトロ、秋山「いらっしゃいませお嬢さま、ようこそMADE喫茶へ」
  - 冨岡「昨年シアタークリエに開店したMADE喫茶が、2年目も開店を迎えることができました。誠にありがとうございます」
  - 稲葉「今年もこの場所でお嬢様と出会えたことたいへん嬉しく思っております」
  - 福士「本日僕達とともにおもてなししてくれるメンバーを紹介しましょう」
  - 冨岡がJr.のフルネームを言い、それに合わせてJr.が一言挨拶
  - 新藤→影山→野澤→はるきの順
  - バックJr.による本日のメニューの紹介、Jr.が順に案内の台詞を喋る(「今年は「D」eepな公演になっております」)
  - MADEは背後で次の曲のセットの準備、テーブルや椅子などカフェのセット。白いジャケットに変えたのはこのタイミングだっけ?
  - 締めにめいどもステージ前方に出てきて出演者横一列
  - 声を揃えて「それでは最後までお楽しみください」
●05. Hey!和 (1番だけ)
  -↑前奏で、瓶の小道具を投げたり、テーブルクロスを物を落とさずひく隠し芸をやってた
  -↑2日目昼、客席に瓶を飛ばすミス
  -↑サビは肩を組んだり、手を繋ぐ振り付け、軽いダンス
 ・じゃんけんコーナー(影山が進行役)
  - 影山の解説「MADEはリハーサル中、あることで揉めていたんですよ」
  - 次の曲の台詞を言うのは誰か?で揉めるMADEの小芝居
  - MADEがじゃんけん、勝者が次の曲の出だしの台詞
◯06. 台風ジェネレーション (バック2人:新藤と渡辺)
  -↑バックは高い位置でダンス、屋良くんがソロダンスでやるような胸に手を当てたり両手を上とかに伸ばす振りが印象的だった
  -↑バックの衣装は青シャツ黒タンク黒パンツ
  -↑めいどは下段で椅子に座って歌う。大河だけ途中立ち上がってセンター奥でフリーで手振りしながら歌ってた
  -↑間奏がアップテンポになるところで、バックはいったんはけ
  -↑めいどがカップを拭いたり、椅子を整えたり、喫茶店の開店準備かな?
  -↑間奏が終わる直前にめいどが中央に集まって軽くダンス、さっと手を斜め前にやると、バック2人が下段に再登場
  -↑最後のサビはバック2人が下段中央でダンス
  -↑喫茶店の店員(MADE)が客(バックJr.)を迎えて、なにやら客を見守る設定?
●07. Butterfly (スタンドマイク)
  -↑福士だけ下段センター、残り3人は上段
  -↑光るスタンドマイク、福士だけ赤色、他は緑色
  -↑KAT-TUNの赤西&上田のコンビ曲
  -↑後半の間奏で福士がボイパ披露
◯08. 愛してるぜT&T (フルコーラス)
  -↑メインステにバック4人と福士と稲葉
  -↑福士と稲葉は可動式のセットの上、バックが可動式のセットを動かす
  -↑稲葉が福士へのメッセージを言う
  -↑福士が稲葉へのメッセージを言う
  -↑「we are the F&I」
  -↑メインステ暗転、お立ち台にライト、お立ち台に冨岡と秋山
  -↑衣装が変わってた(黒色のジャケット、インナー蛍光色)
  -↑冨岡が秋山へのメッセージを言う
  -↑秋山が冨岡へのメッセージを言う
  -↑「we are the T&T」(とみおか&たいが)
  - リスンの歌い出しの英語rapを冨岡がお立ち台で歌う
  - 前奏が始まると秋山と冨岡はダッシュでメインステへ
◯09. LIS'N (フルコーラス)
  -↑1番を冨岡&秋山、バックは1番は新藤と渡辺
  -↑バックの衣装は白シャツ、インナー青Tシャツ(それぞれプリントや柄が違う)
  -↑2番で歌い手が代わる、稲葉&福士が出て来ると同時に冨岡&秋山がはける、バック4人に
  -↑Cメロで秋山と冨岡が出てきて、めいどが上段、バックが下段のフォーメーション
◯10. Don't You Get It (1番+Don't worry...繰り返し)
  -↑曲が始まるとサングラス着用、バックも歌に参加
  -↑振り付けは嵐コンと同じかな
  -↑Aメロの途中、高い位置に立つ稲葉を他の全員で団扇であおいで風を送る。「め」って文字の団扇(あ、「め」いどか)
◯11. 前向きスクリーム
  -↑バック歌参加
  -↑本家のエイトがやってる振りに、少し振りを加えたらしい
  -↑ Cメロでペアで順々に歌った(Jr.ペア→めいどの誰かペア→Jr.ペア→稲葉の100人乗っても大丈夫)
  -↑最後のサビ前、全員お立ち台へ
  -↑曲の最後はメインステに戻った

<MC>
 -「盛り上がってますかー」とMC最初に煽ってるときにバックJr.はける
 -前半めいどだけでトーク、立ち位置は冨・福・稲・秋
 -見学がいる場合はMC前半で紹介
 -後半にバックJr.がトークに参加
 - MCの最後に次の曲振り
 -冨岡「僕達はみなさんの笑顔に支えられてます。僕達は皆さんの笑顔を守れる存在に、たくさんの笑顔を生み出せる存在になれればいいなと思ってます。それでは聴いてくださいスマイル」

●12. smile (ミディアムバラード)
  - ↑踊らない
  - ↑キスマイがJr.時代に発表した曲
  - ↑前半は中央の階段で座って歌い、後半は高い位置に移動だったっけ

 ・MADE事件簿(バック4名は進行役、BGM:Dear woman)
  - MADE、メンバーカラーのジャケットに変わってた
  - コントで歌う曲(shock me /Real Face /ロメオ)
  - 進行役:最初は新藤と野澤
  - 進行役は上段の中央でお題の紙をめくる
 ・冨岡健翔「年越し事件」
  - 進行役:渡辺
  - めいどは下手上段 
 ・稲葉光「ラップ事件」
  - 進行役:新藤
  - めいどは上手上段 (ダッシュで裏を移動)
 ・秋山大河「ジャケット事件」
  - 進行役:影山
  - めいどは下段
 ・福士申樹「五・〇四事件」
  - バック4人がソロダンスを披露
  - 進行役:野澤が締め
  - めいどは下段

●13. スギルセツナ (1番だけ)
  -↑衣装は白シャツ
  -↑椅子の周辺でひざまずいたり、座って手振りしたり足くんだり。ステップを踏むダンスはほとんどなし
  -↑Hey!Say!BESTの曲、2014年JUMPドームでめいどがバックで踊ったけどそのときと雰囲気が違う
  -↑めいど版はほぼユニゾン。(本家BESTは順々にソロパート)
  -↑Aメロ後半パート割りちょこっと有り、「未完成のマイドリーム(マイドリーム)」2回目のマイドリームを歌ったのは稲葉かな?
  -↑Aメロ「携帯電話」という歌詞のオクターブ下のコーラスはたぶんカラオケ(本家にも同じ声が入ってる)
  - ↑Bメロとサビは感情込めて泣きそうな表情やしぐさ
  - ↑後奏、バレエのような体を伸ばすダンスをちょこっと
  -↑最後の方にメインステ中央の奥の方を振り返り、手を伸ばす振りがあった
  (-↑ジャニーズwebのレポによるとスポットライトを女性に見立ててるそうだ)
  -↑締めは椅子に座り、一瞬後ろを振り返り、最後にうなだれた

  - 次はJr.コーナーって紹介はなく、突然Jr.コーナーが始まった
<バックJr.がメインで歌うコーナー>
 ◯14. supersonic (Jr.4人だけ)
  -↑センターは新藤・野澤シンメ
  -↑嵐のI Seek のカップリング曲
  -↑脚を高く蹴り上げる振付けが何回かあったのが印象的。本家の振りは見たことないので同じかどうか不明
 ・「いいとも!」に出てた野澤さんですかコント
  - MADE突然登場「いいともに出てた野澤さんですよね?歌、聞かせてください」
  - 野澤「じゃあ一緒に歌ってくれるかい?」(客席いいともー!)「限界メーター歌っちゃおう」
 ◯15. 限界メーター (1番だけ)(めいどがバックで参加)
  -↑野澤センター、野澤が9年前くらいに真田や橋本らとよく歌ってた曲
  -↑最初のサビはめいども含めて全員で、Aメロ野澤ソロ、Bメロから全員
  -↑振りは昔やってたのと同じらしい
  -↑最後の台詞「もう限界だー」で野澤以外がバタンと倒れる
 ◯16. やっちゃった! (めいどがバックで参加)
  -↑前の曲でバタンと倒れたところから「オレのケツ」って歌いながらJr.が一人ずつ立ち上がる
  -↑Jr.が全員立ち上がったところでめいども立ち上がる
  -↑Jr.ひとりずつソロ、めいどが1人歌い手にまとわりつく
  -↑ソロパート順番は影→はる→新藤→野澤
  -↑サビ前でめいど捌け
  -↑最後のサビでバックJr.はお立ち台へ
  -↑曲の最後、メインステに戻った

  - 野澤「それではお嬢様、最後のメニューにまいりましょう」
  - 白と黒の衝立が4つ(各色2つ)出てくる
◯17. BYAKUYA
  - ↑衝立の後ろからめいどが一人ずつ登場してソロパートを歌う、稲→福→冨→秋
  - ↑白のロングコート(めいど)と黒のロングコート(バックJr.)
  - ↑行進するような振り付け、フォーメーション移動が主な感じ
  - ↑時折バックが衝立に隠れたり出てきたり、めいどが衝立に隠れたり出てきたり
  - ↑曲の終わりにバックが衝立に隠れてコートを脱いで衣装チェンジ→赤いジャケット
  - インターバルにバックJr.のダンス、その間、めいどが衝立の後ろでコートを脱いで衣装チェンジ→デニム衣装
  - 次の曲が始まると衝立の布が外れて鏡が現れる
◯18. Wonder
  - ↑鏡が後ろに置かれて、その前でダンス
  - ↑時折わざと客席に背をむけて鏡に姿を映しながら「We ar Fantasitic 4」とか言ってた
  - ↑(嵐のMステで鏡を使った演出をやったけど、それの真似かな?)
  - ↑ビャクヤとワンダーはバックJr.は歌に参加してなかった。ヘッドマイクは装着せず首にかけてた
  
  - 福士「ラストスパートまだまだ盛上っていきましょー!」
◯19. Crazy Rainbow
  -↑この曲でも鏡を使用
  -↑鏡の後ろにめいど&Jrのペアで移動してふざけ合ってた、一番上手は秋山&新藤ペア
  -↑バックも歌参加
  -↑途中、めいどが中央の高い位置に移動、バックが鏡を中央に4枚つながる感じに並べる→鏡に客席が映された状態に
  -↑秋山「みなさんこれが僕等が見てる風景です」(この台詞は3日目くらいから言うようになった)
  -↑振り付けやるのは、最後の横一列になって手をクルクルするところだけ
 ・Magic Power振り付け講座
  - コーナーが始まるとき「お嬢様shall we dance?」って台詞は言ったり言わなかったり
  - マジックパワーのサビを振り付きで歌う、本家の振り付けではなくD公演オリジナルの簡単な振り
  - 冨岡「ここからは皆さんと踊ってみたいと思います」
  - 鏡をダンススタジオにみたてる
  - 振り解説のとき4人が客席に背を向け(鏡に姿が映る状態)、左右がわかりやすいようにレクチャー
  - 鏡の方を向いて映してるつもりだろうけど座席によって鏡に映った姿がちゃんと見えなかったことがある
◯20. Magic Power
  -↑Aメロで4人がお立ち台へ、4人はステージ残留
  -↑曲の終盤、メインステに集合
  -鏡はどのタイミングで撤収したか忘れた

  - マジックパワーのアウトロが鳴る中
  -冨岡「今日は楽しんでいただけましたか、Deepな公演でしたか?」
  -Jr.個人名紹介、影→はるき→新藤→野澤、一言ずつ挨拶
  - Jr.捌けた
  -稲葉「それではみなさんお手を拝借」(嵐コンでお約束のエナジーソング始まりの合図)
●21. エナジーソング
  -↑メインステ下段でメイドが煽りながら歌っただけ。
  - 冨岡が締めの挨拶「本日はありがとうございます。またライブをする機会には遊びに来てください。最高のおもてなしをご用意させていただきます」
  - 他のメンバーは「また会おう」と口々に言っていた
  - 白幕が降りて本編終了

  - 客席「めいどめいどめいど」ってコール
  - 1分ほどで幕があく
<アンコール>
●22. 世界に一つだけの花 (1番だけ)
  -↑幕があくとキーボード演奏する冨岡と、その後ろに立つ3人
  -↑シンプルな弾き語りではなくカラオケも流れる。キーボードの演奏がじっくり聞けたのは前奏だけ
  - ↑ジャケットは脱いだ状態、Tシャツは稲葉制作ではないものかな?
  -↑(去年稲葉が揃いで作ったベストとシャツは今年は出番なし)
  - ↑稲葉のTシャツが袖が短めで上腕ががっつり見えたのと、稲葉のズボンの腰あたりの装飾がよく見れたのが印象的(普段ロングコートで隠れてあまり見えないから)、水滴の形の赤い模様があった
  -↑サビの振りはやらない
  -↑締めの「ららららら~」でサビのメロディを歌う部分の前でブチッと終わるから妙な感じ
  - (↑Jr.祭りでは「ららららら~」でバックJr.が手をワイパーのように振りながら出てきたところが良かったよ)
◯23. NYARO
  -↑メインとバックが混ざって2手に別れて、上手・下手の上段へ
  -↑ けっこう長い間、全員が高い位置にいる
  -↑(客席降りじゃなくてステージの高い位置に全員が密集するって不思議なパターン)
  -↑振りをやってたか覚えてない
  -↑ 後半、下段に降りて、全員で協力してハート型を作った

  - 歌が終わって締めへ
  -「ジャニーズJr.」とさらっと紹介(ここでは個人名紹介なし)
  -Jr.は2,2に別れて両サイドへはけ、はける前にめいどとハイタッチ
  -俺たちは?、めいどー
  -幕が降りて終演

  (-わたしが見た3公演は「アンコール」の声は全く起こらず、さっくり終了。初日にコールしようとする人が居なかったのはちょっとビックリ。ライブ終盤の流れがあっさりしてたのも多少は影響したのかしら)
  (-駄目だと思ってもコールを続けた去年の初回公演の熱量はもう失われてしまったのかなぁ)

<ダブルアンコール(ラストの5/20夜だけ)>
◯24. 恋祭り (最終公演のみ)
 (↓わたしは見てないので以下、レポを参考に)
 - めいど客席降り、お立ち台も設置
 - ジャニーズ銀座のグッズのタオルの振り回した(20日のMCで突然タオルの宣伝してたのはこのためですか?)
 - バックJr.は客席降りなし
 - めいどは後列の通路まであがってたらしい。でも稲葉は後列に行かずに早々にメインステに戻ってたレポを見かけた


以上。
関連記事
スポンサーサイト
CalendArchive
最新記事
プロフィール

/etc

Author:/etc

ジャニーズJr.の「 MADE 」(めいど)というユニットの山下拓海くんが好きです。 いまもまだ一番好きです。

辞めジュの話題を書く機会が多くなりました。

書きたいことの枠(エントリー)をとりあえず用意し情報を書き足す方式。後から加筆することが多いです。
モットーは無理しない、焦らない、がんばらない。不完全を許容する。

カテゴリ
タグクラウド

イレギュラーな更新状況
【↓イレギュラーな更新状況(2017年08月)】
めいどクリエ2017の覚え書き。(情報局にアップされたダイジェスト動画の覚え書き追加)
2016夏のメモ。(去年メモってたやつをこっそりアップ)

xxxx(xxx)
リンク
ユーザタグ一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示